安心・安全には理由がある

無添加ゆえに注意したいこと

手作りの化粧水は非常にいたみやすいです。
食べ物と一緒でいたんだ化粧水は肌にももちろんよくありません。

一週間以内に使い切れそうにない場合は、無理に使用せず捨ててしまうか最後にドバっと使ってしまいましょう。

また、作っている最中は容器内に雑菌が入らないように注意しましょう。
手などもきれいに洗ったつもりでも雑菌が存在しますので、作業中はビニール製の手袋をするか、
容器の口などに手が触れないように最大限注意を払いましょう。

無添加だからと言って過信しすぎない

どんなにシンプルな材料だからと言って過信しすぎないようにしましょう。
初めて使うときや、分量を変えた時は、必ずパッチテストを行います。
簡単なやり方としては、普段化粧水をつける状況と同じタイミング(お風呂上りなど)で
二の腕の内側に化粧水をぬってからバンドエイドをし、しばらくしてからはがしてみて異常がなければ問題ないと思います。